国内BO比較 | 国内バイナリーオプション比較ランキング.com

取引の種類・取引の方法

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとはよく相場が上に行くか下に行くかを予想するだけと説明されていますが、実際は少し違います。極端に言えば上か下かなんですが、色んな取引方法があり戦略性のある面白い投資です。

2013年の国内バイナリーの規制以前は上の説明通り「上か下か」を予想するだけのものでしたが、現在は上か下かも6通り以上選択肢があり、それぞれペイアウト報酬も違います。まったく知らない人から見ると今のルールの方が難しそうに思うかもしれませんが、規制前より予想しやすく戦略性もありリスクも少なくなり投資しやすい商品になりました。

ここで具体的にバイナリーオプションがどういった取引なのか紹介していきます。

ラダーオプション

取引時間最短2時間
報酬条件取引時間終了時にイン・ザ・マネーの状態にある。
(円安ポジションであれば指定したレートより上、円高ポジションであれば指定したレートより下であればイン・ザ・マネー)
購入可能時間取引終了時間より1分前~2分前

現在の国内バイナリーオプション取引のほとんどがこの『ラダーオプション』と呼ばれるものです。ラダーとは階段の意味で、目標レートが階段状にいくつか設定してあり、どのレートより上になるか下になるかを予想するものです。

ペイアウトは1,000円や10,000円など固定されていますが、ポジションの購入価格が変動する仕組みになっていて、目標レートが現在のレートに近いと購入価格が高く、遠いと安くなっています。つまり『目標レートが現在のレートに近い=当たりやすくペイアウトが低い、遠い=可能性が低いがその分安く買えペイアウトが高い』となります。

これによって状況に応じて色んな戦略が立てられます。チャートにあまり変化がないときなどは現在のレートに近いところで購入を続けるローリスク投資法、逆に大きく変動がありそうなときは現在のレートから離れたところを狙う高ペイアウト取引法などです。

高ペイアウトでも購入価格が安く、また途中精算という購入したポジションを精算する(購入価格より安く売却する)こともできるので、ローリスク・ハイリターンも可能な取引方法となっています。

ワンタッチオプション

取引時間最短2時間以上
報酬条件取引時間内に設定されたレートに達する
購入可能時間取引終了時間より1分前

ワンタッチオプションとは、予め設定されたレートがあり取引時間内にそのレートに達する(タッチする)かどうかを予測する取引方法です。ラダーオプションやレンジオプションとは違い一度でも設定レートに達することができれば報酬確定となります。国内バイナリーオプションでは『IG証券』と『FXTFバイトレ』で取引ができます。

レンジオプション

取引時間最短2時間以上
報酬条件取引時間内
購入可能時間取引終了時間より1分前

レンジオプションとは、チャートの上側と下側に設定レートが設けてありそのレートの幅からチャートがはみ出すかどうかを予測する取引方法です。取引時間終了まで指定されたレンジ(幅)から飛び出さなければ報酬確定となります。国内バイナリーオプションでは『IG証券』と『FXTFバイトレ』で取引ができます。